α-リノレン酸とはどんな栄養素?

massugumiruyo

えごま油に含まれるα-リノレン酸は体内の血管を柔らかくし若返らせるのに必要な栄養素となります。
α-リノレン酸は体内に入るとEPAやDHAに変化します。EPAは血管の壁に入り込みたまったコレステロールを排出したり、血管の機能回復を手助けする効果が期待できます。そのため、血管の動脈硬化による心筋梗塞などの予防に効果的だとも言われています。
しかも、えごま油に含まれるα-リノレン酸から変化したEPAとDHAのこの二つの栄養素は脳の大切な栄養素ともなり、記憶を保存する脳の神経細胞を壊さないようにし、減らさないようにしてくれます。結果、認知症予防の対策にもなるのです。さらに、同じ脳の病気として鬱病にもこの二つの栄養素は効果があり、脳細胞が死んでしまう認知症の場合は発症しても元に戻らないために発症前の予防効果に期待できますが、鬱病の場合は脳細胞が弱っているだけなので既に鬱病を発症していてもこの二つの栄養素を摂ることで弱った脳細胞が活性化して鬱病の回復に効果があるのです。
marudayo
このα-リノレン酸から変化した二つの栄養素のEPAやDHAは青魚に多く含まれているイメージがあるますが、脳に必要な1日の摂取量はサバだと約半尾分だと言われており、毎日摂取する事は今の現代人の食生活ではかなり気をつけないと摂取し難い量になりますが、えごま油なら約大さじ1杯と手軽に摂取できる量になり、毎日の食事に取り入れやすく続けやすいのではないでしょうか。
オススメとしては、身体の紫外線などによる酸化の影響などを考慮すると朝食にタンパク質と一緒に摂るとより効果的に摂取できるそうなので、朝のお味噌汁などに入れて毎日摂取できると理想的です。えごま油が高い温度の料理などでは栄養素が壊れてしまいやすいため、卵かけご飯や納豆、キムチなどにかけてから食べると食べやすく栄養素も壊さずに摂取できると思います。これだと毎日の朝食のメニューにひと匙足すだけで毎日簡単に摂取できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>